あづま袋(注染+柿渋染め)

「手ぬぐい あづま袋」注染+柿渋染め

1枚の手ぬぐいで作られた袋、「あづま袋(吾妻袋)」です。
(あづま袋には、地域などにより呼び名がいくつかあります。)
江戸時代の頃より身近な布で作られ、利用されてきたようです。

畳むと小さくなり、お出かけの時や収納にも かさばりません。
かごバッグの中の内袋として、お買い物で ちょっとした袋が必要になった時や、旅や温泉などで着替えを入れておいたり、など。様々にお使いいただけます。

袋を平らに広げた際の大きさ 約 42cm × 42cm

・注染手ぬぐいを柿渋で染めたものです。生地にハリがあります。
・手ぬぐい生地「特岡」(綿100%)を使用しています。
・重いものや硬いもの、尖ったものを入れるのには不向きです。
・お洗濯は中性洗剤で手洗い、日陰干しをオススメします。
・なるべく生地を切らずに、丸ごと使いたいと考え縫製しております。
そのため、結ぶ部分は少しズレています。


定価 3,240円(税240円)
販売価格 3,240円(税240円)
購入数


Top